カテゴリー
Blog その他

<誰も得しないブログ更新!> 心境の変化

函館マラソンを今年もエントリーしました。フルマラソンです。

去年は、マラソン本番前1ヶ月くらいで、「マラソン完走できるのか」というプレッシャーに季節外れの暑さも加わり、体力的にも・精神的にも追い込まれ、「もう来年は絶対走りたくない」と強く思っていました。

しかし、一年近く経ち、その時の苦痛の記憶もすっかり薄れ、「去年走れたし、今年は2回目だからもう少し要領良く出来るかな」なんて甘い考えで、今年もエントリーしてしまいました。

3月に入り本格的に外でランニングしてます。

今年は走ることが嫌いにならないように練習することを心がけています。

なるべく景色が良いとこを走り、出来るだけ自分の心地よいペースを保ちます。

基本的には朝走ることが多いです。朝の冷たく澄んだ空気が気持ちいいです。

車道を車が走る音に混じり、鳥の鳴き声や川の流れる音が聞こえて癒されます。

大体1時間ほど走ります。たくさんの汗をかいてすっきりします。

家に帰ると、妻と息子が汗だくの僕を見て少し嫌な顔をしますが、僕は何食わぬ顔でシャワーを浴び、コーヒーを飲んで、仕事の支度をします。

どうですか。とても充実した朝ではないでしょうか。

走るって、運動するって素晴らしいですね。

この清々しい気持ちが続くように。去年のように「何で俺は走らなきゃいけないんだ!」とお門違いの怒りを抱えて心を乱さないように。

大会直前、6月の自分が今と同じ穏やかな心を持ち続けるように願っています。

今後も大会に向けて更新していくので、心境の変化を楽しみにしていて下さい!

カテゴリー
Blog その他

<誰も得しないブログ更新>今年の振り返りと来年の抱負。

久しぶりのブログ更新になってしまいました。

前回の更新は函館マラソンを走った後なので、そこから約半年経ちまして今日は12月30日。今年も残すところあと1日です。

本当はもっと頻繁にブログを更新しようと思っていたのですが、フルマラソンを走った後から軽い燃え尽き症候群的な精神状態になりまして、中々ブログを書く意欲が湧きませんでした。。

ブログもそうですが、ランニングもマラソン後はほとんど出来ませんでした。

僕のエネルギーは上半期にほとんど使い果たしてしまい、下半期はややガス欠状態が続いた様な気がしています(恐らく夏の異常な暑さも影響しているとは思います)。

目標を立てることは大事ですが、その目標を達成した後にどうするかを考えることも大事ですね。

年末になってやっとエネルギーが回復してきた気がします。

今年は、一定のペースで走り続けたというよりは前半ダッシュしすぎて後半息切れだったので、来年は1年通してジョギングペースで走り抜きたいなぁと思ってます。

自分の性格的にダッシュは向いてないので。着実に。亀のように。

亀だと流石に遅すぎるかな。ラクダかな。

来年はラクダの様に生きたいと思います。

それではみなさん良いお年を!

カテゴリー
Blog その他

<誰も得しないブログ更新>フルマラソンを終えて。

6/25に開催された函館マラソンに参加してきました!

人生初のフルマラソンに挑戦することを昨年末に決めて、約半年間準備してきました。

これまで10kmが自分の最長ランニング記録だったので、42.195kmを走る自分が最初は全く想像できませんでした。

練習では少しずつ走る距離を伸ばしていきましたが、20kmの壁があり、そこからは中々距離を伸ばせず苦労しました。

走り方を変えてみたり、栄養や水分補給の方法を工夫したりして、なんとか30km走れるようになったのが大会2週間前。

もう時間も無かったので、残りの期間は調整に当てて、残り10kmは当日の自分に頑張ってもらうしかないと決めました。

そして、いよいよ当日。天気は快晴で気温・湿度もそこそこ、個人的には走りやすいコンディションでした。

練習通り30kmまでは順調で、「気持ちいいいなぁ、来年も出たいなぁ」なんて思いながら余裕を持って走ってました。

しかし、30kmを過ぎて終盤の難関である「ともえ大橋」を渡る途中から脚に異変が。もも裏とふくらはぎの筋肉が、ぎゅーっと締め付けられるように痛みます。

このまま走ると間違いなく脚をつると察し、そこからは数百m走る→脚がつりそうになる→歩く→ちょっと回復する→数百m走る・・・のループを繰り返し、なんとかゴールまで辿り着きました。

タイムは4時間55分。マラソン挑戦前に、「完走はもちろんだけど、4時間切りたいなぁ。」なんて思ってた甘い自分に蹴りを入れたくなります。しかし、一方で「でも42.195kmよく走り切ったよ。頑張ったよ。」と自分を褒めてあげたい気もします。

という訳で、マラソン初挑戦は一応無事完走という形で終わることができました。

最後に、以前ブログに書いたのですが、今回マラソンに挑戦した以下の3つの理由について、それぞれがどうだったのか振り返ります。

1.マラソン完走のためのトレーニングで、自分の身体と精神にどんな変化が生じるか知りたい。

身体については体重が4kg減りました。お腹周りの余計な脂肪が確実に減りました。

精神的には「早く本番にを迎えて辛い練習から解放されたい。」という気持ちでいっぱいでした。笑

自分で申し込んどいて「何でこんなに走らなきゃいけないんだ。」というお門違いな怒りも湧いてきました。笑

2.マラソン中や完走後に自分の身体と精神にどんな変化が生じるか知りたい。

完走後はもちろん筋肉痛がありましたが想像していたよりは軽いダメージだったかもしれません。

精神的には特に変わりません。マラソン走ったから何か新しい境地が開けるなんてことはありませんでした。

3.マラソン完走後に飲むビールの味を知りたい。

疲れすぎるとビールはあまり美味しくないということがわかりました。

何事もほどほどですね。

また来年出るかは現状未定です。

ただ「一度経験したからもう少し次はうまくやれるかな」なんて甘いことを今は思っちゃってます。

しかし、とりあえずは未定で。。。

身体が回復したら、また少しずつ走り出したいと思います。

カテゴリー
Blog

オープン1周年!!

先日、3/21にarch gymはオープン1周年を迎えました。

普段からご利用頂いている会員の皆様には心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

昨年函館に引っ越してきて、特に知人がいるわけでもなく、その存在を誰にも知られていない状態からarch gymはスタートしました。

自らチラシを一万枚以上配ったり、慣れないSNSを使って告知したり、地道に広告活動を行ってきました。

本当に少しずつですが、arch gymの存在を知ってもらえたり、活動に興味を持ってくださる方が増えて、とても嬉しいです。

arch gymの使命は、誰もが「”いい運動”を習慣にして”いい暮らし”を送る」ことが出来る社会を実現することです。

そのためにはもっともっと運動の素晴らしさを伝えなくてはいけないと日々思っています。

多くの人は「運動=減量やボディメイクの手段」と考えており、運動がもたらす多様な恩恵はあまり伝わっていないのが現状だと思います。

arch gymのサービスや活動によって、そんな運動に対する意識を少しずつ変えていきたいと思います。

珍しく真面目なことを書きました。

今後ともよろしくお願い致します。

arch gym 小田航平

カテゴリー
Blog

<誰も得しないブログ更新> 道具の真価

日々理学療法士やトレーナーとして仕事をしている中で、よく聞かれる質問の一つに「最近よく見かける〜って効きますか?買った方がいいですか?」というものがあります。

そう聞かれると最近は大抵こう答えます。「その道具を正しく使いこなして、長く使えるのであれば、意味があるし買ってもいいと思います。」

やはり道具というのは、使われないと意味がないし、上手く使わないとその真価を発揮できないと思うんですよね。

世の中便利な道具がいっぱいあると思うのですが、それを使う側の技術や知識が追いついていない様な気がします。

トレーニング器具はその最たる例ではないでしょうか。家の片隅でそっと眠っているバランスボール・ストレッチポール、いつの間にかコートがけになっている室内バイク、果たしてその道具に罪はあるのでしょうか?

この機会に、改めて身の回りにある眠った道具達を呼び起こしてみましょう。

僕も、キッチンに眠っている、スムージーミキサーとまた向き合いたいと思います。

カテゴリー
Blog

<誰も得しないブログ更新>マラソン初挑戦!

あおもり桜マラソンにエントリーしました!

マラソン初挑戦になります!!とは言っても今回はフルではなくハーフマラソンですが。

現状の計画としては、青森のハーフマラソンでレースの雰囲気などにしっかりと慣れて、函館マラソンでフルに挑戦する予定です。

なぜマラソンに挑戦するのか?私には3つの理由があります。

1.マラソン完走のためのトレーニングで、自分の身体と精神にどんな変化が生じるか知りたい。

2.マラソン中や完走後に自分の身体と精神にどんな変化が生じるか知りたい。

3.マラソン完走後に飲むビールの味を知りたい。

以上の3つを自分のモチベーションとして、トレーニングに励みたいと思います。

しかしながら、今まで10㎞くらいが自分の最長ランニング記録なので、ハーフはこの倍、フルはこの4倍と考えると、想像するだけで疲れます。

体力はもちろん、メンタルの強化が必要になりそうです。

中学1年の時に、サッカー部の外周でショートカットをしたのが3年生のキャプテンにバレてめちゃめちゃ怒られた私が果たしてマラソン完走できるのか?

乞うご期待下さい!

カテゴリー
Blog

<誰も得しないブログ更新> 水泳

今年の目標は身体を絶好調に保つことなのですが、毎年密かに掲げている目標がありまして、、、それはスイスイ泳げるようになることです。

僕の水泳のレベルは、25mを何とか泳げるくらいで、50mとなると途中で力尽きてしまいます。

全くのカナヅチではないのですが、自分的に泳いでいるという感じはあまりなく、何とか必死に溺れないように反対側の岸にたどり着くために手足をバタバタ動かしているという方がしっくりきます。

以前、プールの監視員さんに溺れているかと勘違いされ声をかけられたこともありました。

とにかく泳げるようになりたいです。自分より明らかにだらしない体をお持ちの方でも、プールでスイスイ泳いでいる様子をみると、憧れや悔しさが入り混じって複雑な気持ちなります。

年に数回プールに行くのですが、一向に上達する気配もなく、いつも軽い挫折感を感味わってプールを後にします。もっと練習したいのですが、どうも監視員さんが自分に注目している感じがあって、何となく足が遠のきます。自意識過剰ですが。。。

レッスンにでも参加すれば良いんですが、「泳げる雰囲気だけあるくせに泳げないのかよ」と思われそうで怖いです。自意識過剰ですが。。。

わかってます。そんな言い訳ウダウダ言ってないで、勇気を出してプールに行って、とにかく泳がないといつまでたっても泳げません。

よし頑張ります!だけど今は寒いので、暖かくなってから行きますね。。。

カテゴリー
Blog

<誰も得しないブログ更新> 人類と運動

運動に関する様々な情報を普段から見るようにしてるんですが、知れば知るほど運動が健康に与える影響の凄さに驚かされます。

運動は痩せるためとか、マッチョになるための手段、という風に考えている人が多いと思います。

そんな人に言いたい、「もっと運動のこと知ってやってよ」って。それは、運動の外見であって、中身ではないんですよ。

運動によるホルモンへの影響って本当にすごいんですね。様々なホルモンに運動は働きかけることができます。そのホルモンが、幸福感を高めたり、記憶力高めたり、睡眠の質を上げたりと、色々凄いわけなんです。

エンドルフィンと呼ばれる鎮痛作用のあるホルモンは、ランニングするとドバドバ出ることがわかってます。このエンドルフィンと同じくらい鎮痛作用を得るために必要なモルヒネの量は違法レベルになるみたいです。

では、何でこんなに運動は凄いのか、何でこんなに良いことだらけなのかというと、どうやらそれは人類の生存戦略として体を動かすことが必要だったから、という説が有力らしいです。

現代に生きている私たちと、狩猟時代の人間は脳も身体の構造もほとんど変わりがないそうです。

狩猟時代は、獲物を狩るために長時間歩いて移動できないと生きていけません。つまり、長時間体を動かすことができない人類は死んでしまう。そこで、人類は生存するために、運動することで報酬が得られるような脳・身体の構造に進化していったというのが現在の学説です。

人間はやはり動物で、生きるためには運動が必須な身体なのです。しかし、人類の進化よりも科学の発展が早く、ほとんど体を動かさなくなっても死ななくなった現代社会。

今後もリモートワークやらメタバースやらで、もっともっと動かなくても死ななくなるような社会になりそうです。健康的に生きられるかはわかりませんが。

これから、私たちは一体どうなるんでしょうか。自分は不健康だけど、自分のアバターはサクサク動くからOKみたいな感じでしょうか。

ジムをやってる立場から言うと、そんな世界にしたくないので、運動の普及を頑張りたいと思います。

長々と、そして、少し役立つ情報を発信してしまいました。すみません。
次回は、もっとどうでも良いことを書きたいと思います!

参考:アンデシュ・ハンセン著 「運動脳」  サンマーク出版

カテゴリー
Blog

ブログはじめます。

ひっそりとブログを始めてみます。

このブログではあまり肩肘張らずに、日常の些細な出来事などを気楽に書いていきたいと思います。

特に何か役立つ情報もないと思いますが、温かく見守って頂ければ幸いです。笑

新年が明けて、早くも10日が過ぎました。

今年の目標は、自分史上最も絶好調な身体になるです。

そのために、睡眠と運動に自分なりのルールを設けました。

睡眠は、必ず7時間半以上は寝ること。7時間半寝た時が最も自分の調子がいいので。

運動は日替わりで、筋トレと有酸素を交互に行う。ストレッチは毎日やる。

これを実践して、自分史上最も絶好調な体を目指します。

自分史上最高の体調となると、いつでしょうか。

疲れることを知らずに四六時中遊んでた小学生の時ですかね。

ハードル高いなー。でもやってみます!